水溶性ビタミンc

水溶性ビタミンC、という考え方

水溶性ビタミンCとは?

「水溶性ビタミンC」という言葉ですが、これには解説が必要です。まず「水溶性ビタミン」とは、「水に溶けやすい(溶ける)性質を持つビタミン」のことです。ビタミンCもこちらに分類されます。「ビタミンCはたくさんとっても、体の外にでてしまうよ」というのは、ひとえに、ビタミンCがこちらに分類されるからです。尿という形で排出されてしまうのですね。
このような理由から、ビタミンCを体内に食事として取り入れるときは、水を通す方法(=ゆでたり煮たりすること)よりも、油を使って調理する方法(=炒める)の方がよい、とされています。

水溶性ビタミンCの化粧品利用

そんな水溶性ビタミンCですが、今は「水溶性ビタミンC誘導体」という形で化粧品に取り入れられています。この「ビタミンC誘導体」は体内に引き込まれることによってビタミンCに「変身」するものであるため、効率よく取り入れることができるようになったのです。
水溶性ビタミンC誘導体は、脂溶性ビタミンC誘導体に比べて即効性があることがメリットの一つです。得意な働きとしては、美白。メラニンの生成を抑制する効果が最大限に引き出されています。ほかにも皮脂分泌を制限―調整する役割をもっているため、このような悩みを持っているひとにも効果的に働くでしょう。ただし、水溶性ビタミンC誘導体は紫外線に弱く、変質してしまう危険性もあるので、その点には注意が必要です。