ビタミンc誘導体

ビタミンCは導入?それとも誘導?

「ビタミンC導入」という言葉

「ビタミンC導入」という言葉を聞いたことはありませんか?私はこれを聞いたとき、「え、ビタミンC誘導体、という言葉は知っているけど、ビタミンC導入って何のこと?」と思いました。そこでその疑問をとくべく、色々調べてみました。
まず「ビタミンC導入」というやり方ですが、これは厳密にいうとあまり正確な単語ではありません。おそらく「イオン導入」という言葉と混ざってしまったんでしょう。イオン導入というのは、肌に微細な電流を流すことです。これはマイナスの電流を帯びています。そのため、マイナスの電流を帯びるものとは反発しあいます。この「反発」によって、肌の奥まで浸透していく、という仕組みなのです。
このイオン導入の代表例としてよく取り上げられるのが「ビタミンC」です。つまり「ビタミンC導入」という言葉の示す意味をより正確に記すなら、「イオン導入によって、ビタミンCが肌に浸透していくこと」となるでしょう。

ビタミンCの効果について

ビタミンCは強い抗酸化作用をもっています。メラニンの生成を抑制する働きも知られていますし、コラーゲンの生成にもかかわります。このようなことから、ビタミンCは美容業界にとって非常に重要なビタミンである、と認識されているのです。
メラニンの生成を抑えるわけですから、当然美白作用があります。また、ニキビに対しても非常に効果的です。

 

ビタミンC誘導体を使いこなそう!ニキビ対策と他の部分

ビタミンC誘導体の有用性を考えたい

ビタミンC誘導体は大変すばらしい物質です。というのも、コラーゲン生成や抗酸化作用といった有能な働きを持つビタミンCは、そのままで体の中に取り入れることはとても難しいからです。ビタミンCは非常に不安定な物質です。加えて肌の粒子よりも大きいため、単純に肌におくだけでは、吸収してくれません。それならば食べて吸収だ!と思っても、一定量以上をとると、体外に排出されてしまいます。もちろん食べないよりはよいのですが、効率的に取り入れるのは難しいですよね。
そんな中作られたビタミンC誘導体は、「体内に取り込まれることによって」「体内で変化し」「体内に吸収される」ビタミンCである、ということでとても注目されました。体の中でビタミンCに「なる」んですね。
このため、今までは取り入れることの難しかったビタミンCが、効率よく摂取できるようになりました。

ビタミンC誘導体の使い方

ビタミンC誘導体は、ローションや美容液の形になっているのが普通です。殺菌作用があるのでニキビ防止にも役立ちますが、メラニンの生成を抑制する効果もあるため、美白にも効果があるのです。
更にすばらしいのは、ビタミンC誘導体はコラーゲン生成にも関与する、ということです。「ニキビを出来にくくする」だけではなく、「既にニキビができてしまい、跡になったものを修復する」効果さえあるのです。